患者の体調

歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療も失敗のリスクはあります。
どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損など人工歯そのものの問題、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった外見が損なわれる可能性もあります。
このような危険をできるだけ避けるために、まず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。
全てのインプラント治療にとって大事なのが歯科医と、歯科医院の決め方です。
この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるためたくさんの症例を治療してきた経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。
また、それに加えて、費用面での疑問に応えてくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底している治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。
ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは噛んだときに安定しており、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはまた嬉しいですね。
ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなく歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。
人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらいしっかりした構造になっています。
キシリトールガムも、問題なく楽しめます。
どんな問題がインプラント治療にあるかを皆さん、入念に調べたと思います。
その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないといった話を聞いた方もいるでしょう。
それは気にしないでください。
磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。
インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので磁気に反応しない性質を持っていて検査には問題ないのです。
治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院することはめったにありません。
糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは入院して手術しなければならないケースもあります。
そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。
自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院することや、複数の病院で手術することもあります。
自分が当てはまるという方は、治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。
全てのインプラント患者にとって、治療費の高さは重要な問題ですね。
実際のところ、費用の総額は統一されておらず、歯科医院によって幅があるのが普通です。
インプラント治療はほとんど自由診療のため、費用を自由に設定できるのです。
ただし、おおよそ相場は決まっています。
インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが一般的な相場とみて良いでしょう。
ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので費用面で、治療を躊躇する方も多いのが当然です。
しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、デンタルローンなどの名称で信販会社のローンで支払いができる融通の利く歯科医院が多くなりました。
現金で費用を一括払いする必要なく、受けたい治療を受けることが実現できるようになりました。
現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなく検査の段階で断られることもあります。
しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするなら治療を断念するのは早すぎるかもしれません。
歯科医の腕と設備次第で、従来はできないといわれていた症例でも治療ができるようになっています。
現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で探すことが必要です。
インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨と一体化して安定した歯根となりやすく身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。
インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて本格的に治療をすすめていくので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。
それから、治療後には、メンテナンスを欠かさず継続することで安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。
がんばって終わらせたインプラント治療も、治療が終わるとその状態を保たなければならず、不断のケアが求められます。
毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールは欠かせませんし、自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることが欠かせません。
どんな堅牢なインプラントでも、普段のケアができなくなると歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。
あわせて読むとおすすめ>>>>>人気の歯磨き粉で白い歯をつくれるのだろうか?